【即実践】好印象なあの人は体得済み!初対面の会話がうまくいくコツとは?

仕事でもプライベートでも、初めて会う相手には良い印象を持ってもらいたいですよね。初対面の会話で話す話題、内容、話し方も大事ですが、話をしている時の自分の動きを意識したことはありますか?無意識レベルで好印象を引き寄せるコツがあります。どれも小さなことで、目立つようなことではありません。しかし意識するだけで好印象に繋がっていきます。きっとあなたが過去に出会った初対面から印象が良かった人は、これからご紹介するコツを会話の中で違和感なく実践しています。是非普段の会話に取り入れて、自分のものにしてください!

目線を合わせる

とても基本的なことですが、初対面の相手の目を見て会話出来ていますか?目が合わないだけで「自信が無さそう」「暗い」「落ち着きがない」などマイナスの印象を与えてしまいます。「目は口程に物を言う」といわれるように、目線を合わせることも初対面の会話で意識すべき重要なポイントです。しかし目を合わせて会話をすると言っても、凝視する必要はありません。終始目線を外さず見つめられると、相手は圧を感じて逆に話し辛くなってしまいます。適度に目線を外しながら会話をするのがベストです。

適度に目線を外す

目線を外す時に全く違う場所を見たり左右に大きく目線が逸れると、話を聞いていないように思われたり、あなたが別のことを考えているように見えることがあります。コツは相手の近くに目線を外すこと。この時ちらちら目を逸らすのではなく、ゆっくり目線を動かすことで、落ち着いて聞いている雰囲気が出ます。目線を外す先は、例えば相手の手元や首元、鼻の辺りなど相手の近くに。うなずく時や相槌を入れるタイミングで目線を外すと自然です。

目線の合わせ方

目線を合わせるときのコツは、相手の片目に焦点を合わせること。相手の両目を見ようとすると焦点が定まらず、どこを見ているのか分からなくなります。どうしても目を合わせるのが苦手であれば、相手の眉間に目線を合わせてみてください。相手は目が合っているように感じます。恥ずかしい気持ちがあるかもしれませんが、目線を合わせることは、あなたとコミュニケーションを取りたいという前向きな気持ちのアピールになります。まずは普段の会話で練習しましょう。

話を遮らない

話を聞きながら相槌を入れることはあっても、遮ることのないように注意してください。相手の話を最後まで聞きましょう。途中で自分の意見や考えを言いたくなっても一旦相手の話を受け入れて、切りの良いタイミングを待ってください。相手が話している途中に自分の話を始めてしまったり、話しを止めてしまったり。話を遮られると相手は話す気を失ってしまいます。気分が良くなることはありません。会話上手は聞き上手。初対面の会話では聞き手に回ることをおすすめします。話の腰を折らないようにだけ注意して、相手の話に興味を持って相槌を入れたり質問を投げかければ、会話が盛り上がります。それに、相手の話をよく聞いて何に興味感心があるのか分かれば、相手が話しやすそうな話題を振ることも出来ます。話を遮らず、相手メインで会話を進めましょう。

姿勢

姿勢はあなたの感情、明るさ、やる気、自信など、すべてを表す鏡です。初対面の時に姿勢が良いだけで、何となくきちんとしてそうなイメージや、前向きでポジティブな印象を与えられます。逆に姿勢が悪いと「元気がなさそう」「頼りない」「仕事ができなさそう」など、あなたが本当は明るく気さくで仕事が出来る人だとしても勝手に判断されてしまいます。特に猫背は視線が下がりやすく、自信が無いように見えたり暗い印象に繋がりやすいので注意です。姿勢は話し方や、発する言葉にも影響します。声がこもらず相手にしっかり届いてくれたり、声に自信が現れたり。ポジティブな言葉も出てきやすくなります。背筋を伸ばして胸を張り、少し顎を引く。これだけでも大分違うはず。自信があるから姿勢が良いのではなく、姿勢が良いから自信が湧いてくると思って、美しい姿勢を心掛けましょう。

会話中の体の向き

初対面の相手と自分が座っている場所にもよりますが、会話をする時は相手の方に体を向けましょう。真正面すぎても話し辛いので、数センチ真正面から横にずれると話しやすくなります。隣に座っている場合は、上半身全てを相手の方に向けると圧を与えてしまうので、少し相手の方に体を向ける感じですね。体が相手の方を向くだけで、話を聞いていますという意思表示になります。自分に興味を持ってもらえると、誰しも嬉しくなるものです。体を相手に向けるだけでなく少し前傾して話を聞くと、話に興味があるという気持ちが伝わりやすく、相手はさらに話したい気分になります。背もたれに背中を付けていると、退屈そうな印象を与えることがあるので注意が必要です。

動きを相手に合わせる

人は自分と似ているものに親近感を覚え、好感を持ちます。ミラーリングとも言いますが、会話をしながら相手の動きを真似しましょう。「似ている」を演出して無意識レベルで好感度を上げていきます。相手がコーヒーを飲んだら自分も飲む。ピッタリ同じタイミングではなく、数秒ずらすと自然です。右手左手は合わせなくても良いです。相手がテーブルに手を置いたら自分も置く。しかし相手と全く同じ手の角度で、位置も合わせて…と寸分狂わず同じように真似すると違和感を感じさせてしまいます。置き方はどうであれ「テーブルに手を置く」これだけ真似しましょう。相手が足を組んでコーヒーを飲む。あなたは逆にコーヒーを飲んで足を組む。これでもOKです。完璧に相手の動きをコピーする訳ではありません。「何となく似てる…!」を自然に作り出しましょう。ミラーリングはそれとなく、とにかくこっそり真似することが重要です。

話すスピードを合わせる

初対面の会話で緊張や焦りもあるかもしれませんが、ついつい話すスピードが速くなっていませんか?話すスピードを相手に合わせると「この人とは話しやすい」と好印象を持ってくれます。まくし立てるような話し方や早口は相手を疲れさせてしまったり、せわしない、落ち着きの無い印象を与えてしまいます。基本的には、相手が聞き取りやすいようにゆっくり話しましょう。もし相手が少し早口なら、そのときは相手に合わせましょう。自分が相手のテンポを上回らないようにすると、相手は話しやすくなります。

うなずき

会話の中で相手が「話を聞いてくれている」と感じるように、うなずきを入れていきます。早く、ゆっくり、大きく、細かく、深く、浅く。うなずきにも何パターンかありますが、会話の内容や相手の気持ちに注意して話を聞き、必要に応じて使い分けましょう。状況によっては「うん」「はい」「ええ」「あー」「ふむ」「へー」などの相槌を打ちながらうなずきます。しかし、うなずきはあまり繰り返し過ぎると適当に聞いているような印象を与えてしまいます。例えば「はいはいはい」など3回以上繰り返すことは避けた方が無難です。

癖に注意

会話をしながらつい癖で腕を組んだり、足を組んだりしていませんか?知らず知らずのうちに相手を威圧してしまっているかもしれません。あなたにそんなつもりがなくても「偉そう」「見下している」というような印象を持たれていることがあります。マイナスに受け取られそうなことは、最初からやらないのが吉です。他にも貧乏ゆすり、ずっと髪を触っている、揺れているなどなど。1度気になるとその後ずっと目に付き、不快感を与えてしまう動作は結構多いです。また、相手を指さすのは厳禁です。話が弾むとつい「それ!分かります!」と相手を指さしていませんか?高圧的な態度と取られ、無意識のうちに好印象から遠ざかっている可能性があるので要注意です。自分が気付いていない癖があるかもしれません。家族や友人に聞いてみるのも良いですね。

まとめ

初対面はどきどきしますよね。緊張感のある状況で違和感なく身体を動かす為には練習が必要です。見聞きしたことは即行動に移しましょう。ご紹介した会話のコツは実践しなければ身に付きません。初対面の会話でなくても、普段の会話で練習することが出来ます。全部一気にやろうとせず、今回は目線に注意、今回はうなずきを…という風に1つ1つ自分のものにしていけば、余裕が出来て初対面でも自然と身体が動くようになります。不自然さが無くなれば、相手は無意識に好印象を持ってくれるようになります。

こちらの記事もご覧ください⇒人に好かれる話し方とは?初対面の会話で好印象を与える8つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です