人見知りを克服したい人必見!社交性が身に付くおすすめ接客バイト5選

この記事では「知らない人とでも上手くコミュニケーションが取れるようになりたい!」「人見知りを克服したい!」そんな向上心溢れるあなたにおすすめのバイトをご紹介します。

人と関わりを持つことで上手くコミュニケーションが取れるようになり、社交性が身に付きます。人見知りを克服する為には、まずは人に慣れること。そして一人でも多くの人と接する機会を持つこと。バイトは人見知り克服には絶好の環境と言えるでしょう。なぜなら、バイト先では人と接することを避けられないからです。荒治療かもしれませんが、思い切って飛び込んでみてはどうでしょうか。では、さっそく見ていきましょう!

飲食店のホール

接客アルバイトの王道。カフェ、ファミリーレストラン、居酒屋など、飲食店のホールは人と接する機会が抜群に多いバイトです。キッチンで料理を作るのではなく、注文を取ったり料理を運んだりと、お店の顔として接客をするのがホールスタッフの役割です。

カフェやファミリーレストランは、注文を取って料理を提供する一連の決まった流れを覚えれば、後はその繰り返しです。多くの人と接することにはなりますが、お客様とは決まった言葉を交わすだけで会話することは少ないです。数をこなして、ひとまず人に慣れることができます。接客業ですから笑顔は必須。印象の良い笑顔が自然と身に付くでしょう。
居酒屋やバーなどは、お酒に酔った勢いで話しかけられることもあり、少し難易度が高いかもしれません。しかし、コミュニケーション能力が格段に上がることは間違いありません。

コンビニ・スーパー

スーパーのレジ打ちやコンビニは、単純作業がベースでありながら人と接する機会もあるバイトです。お客様1人1人と接する時間は短く、会話をすることはほとんど無いでしょう。徐々に人に慣れたい、少しずつ人見知りを克服したい人におすすめです。

イベントスタッフ

体育会系やわいわい騒ぐのが好きな人が集まりやすいのが、イベントスタッフのバイトです。普段の生活の中では関わることが無い人、自分とは違う世界の人だと感じることもあるかもしれません。しかし、そんなパワフルな気質を持った人たちと接することで、半強制的に人見知りは克服へと向かうでしょう。人見知りなんて言っていられない状況に身を置けば、最初は辛く感じてもコミュニケーションが取れるようになります。

ガソリンスタンド

屋外での仕事がほとんどです。寒さや暑さとの戦いでもありますが、体力と根性が身に付きます。基本的には給油と短い接客がメイン。セルフのスタンドは接客の機会がほとんど無いので、フルサービスのガソリンスタンドがおすすめです。大きな声を出さなければいけないので、恥ずかしいなんて言っていられません。車に関する専門知識を学ぶことも出来ますし、車好きにはもってこいのバイトです。

ホテルや旅館

このバイトには色々なポジションがありますが、フロントやレストランスタッフがおすすめです。人と接する機会が多いだけでなく、落ち着いた立ち振る舞いを身につけることが出来ます。身だしなみや礼の仕方などのマナーを学ぶことも出来ますし、どこへ行っても堂々と自信を持って振る舞えるようになるでしょう。

バイト先で上手く馴染む為の6つのポイント

私自身たくさんのバイトを経験してきました。コンビニ、ファミリーレストラン、ガソリンスタンド、居酒屋、コールセンター、バーテンダー、ホテルのフロント、イベントスタッフ等々…。バイト先には多かれ少なかれ先に働いている人がいるわけで、既に関係が出来ている輪の中に飛び込むのは緊張しますよね。特にバイトの初日や、バイト仲間と初めて顔を合わせる時なんかは毎回どきどきしていました。回数を重ねれば多少慣れてはくるものの「上手くやれるかな…」「馴染めるか…」という不安は必ずありました。

仕事は一人では出来ません。周囲との協力や助け合いが必要不可欠です。良好な人間関係を築くことが出来れば、バイト仲間たちは親切に仕事を教えてくれるでしょう。ここでは、バイト先で上手く馴染む6つのコツをご紹介します。

まずは笑顔で挨拶

「はじめまして!」「〇日に入りました、〇〇です!」「よろしくお願いします!」

まずは笑顔の挨拶から始めましょう。バイト先には色々な人がいます。あなたを心から歓迎してくれる優しい先輩もいれば、新人のことはあまり気にかけない人もいるでしょう。相手がバイトの新人に対してどう思うかは様々ですが、挨拶が出来ない人には誰も良い印象を持ちません。

知らない人を目の前にすると「人と話すのが苦手」「怖い」「緊張する…」など、ついネガティブな気持ちになることもありますよね。しかし相手がどんな人間か分からなくて怖いのはお互い様です。人見知り克服の第一歩として、自分から挨拶をしましょう。相手と前向きにコミュニケーションを取る気持ちがあることをアピールできます。

最初の印象次第で、その後の仕事のしやすさや周囲の自分への対応も変わってきます。初対面の第一声で好印象を獲得しましょう。

敬語で話す

相手と年が近くても明らかに年下でも、最初は敬語で話す事を心掛けましょう。初対面であれば敬語が当たり前だと思う人もいれば、最初から友達のように接したいタイプの人もいます。しかし接してみないと相手がどのタイプかは分かりません。いきなり馴れ馴れしく話しかけられることを不快に思う人がいる以上、初対面では敬語で話すのが無難です。打ち解けてくれば、いずれ「普通に話そうよ!」「敬語じゃなくていいよ!」と敬語を外す機会も出てくるでしょう。第一印象で躓かないことが大切です。

「教えてあげたくなる人」になる

どこでバイトをするにせよ、最初は誰かに仕事を教えてもらわなければいけません。仕事を教えてくれる人も人間です。暗く俯き、聞いているのか理解しているのかも分からない人には教えづらいもの。反応が良く、やる気が目に見える人の方が教えがいがあるというものです。バイト先では周囲が「教えてあげたくなる人」を目指しましょう。

そこで必要なのが謙虚な気持ちです。基本的なことですが、教えてくれた人に「ありがとうございます」「勉強になります」など、感謝の言葉を必ず伝えること。誰しも感謝されると嬉しく感じるものです。そして必ずメモを取ること。教えている人はメモを取りながら聞く姿を見ると「しっかり聞いている」と認識します。仕事を早く覚えようという前向きな気持ちのアピールにもなるので、メモとペンは忘れず持って行きましょうね!「分かりやすいです」と相手の教え方を褒めたり、「やってみます!」と前向きな姿勢そ見せるのも効果的です。「〇〇さんっていい人ですね」と、本人ではない人に伝えるのもアリ。第三者から耳に入る情報は信憑性が高く、褒められた本人は余計嬉しく感じるものです。

分からないことは必ず聞く

バイトで分からないことは、必ず誰かに聞きましょう。バイトは一人では出来ません。周囲と協力して息を合わせて働く必要があります。自分は人見知りで…と言っている場合ではありません。分からないことは人に聞くこと。バイト先の人達も新人の時があったわけですから、質問しても嫌な顔はしません。人見知りを仕事の言い訳にしないようにしましょう!

脳内シュミレーションをする

一通りの業務を覚えたら、一度脳内シュミレーションしてみましょう。例えば飲食店のホールであれば、お客様が入店したところからの自分の動きを脳内確認します。脳内で何度もシュミレーションするうちに、自分が分からないポイントにも気付くことが出来ます。ミスを未然に防ぐことも出来るのでおすすめです。

ミスを引きずらない

最初は仕事が出来なくて当たり前です。バイトでミスをいつまでも引きずるのはやめましょう。「もうダメだ…」「失敗するなんて最悪」なんて、くよくよ悩まず次に目を向けましょう。バイトは忙しく、どんなに凹んでいてもお客様と接しなければいけません。前向きにポジティブに考えて、行動に支障が出ないように心掛けましょう。精神面はあなたが思う以上に表情や動きに表れます。あなたがミスをして落ち込んでいる姿は、お客様から見ればただの暗い店員です。ミスはミスとしてしっかり受け止め、気持ちを切り替えて次に活かしましょう。

まとめ

最初の挨拶は元気よく笑顔で、話しかけやすい雰囲気を作りを心掛けましょう。もちろん話しかけられるのを待っているだけでは人見知りは克服出来ません。自分から話しかける努力をすること。人と接することに対する抵抗を無くしましょう。

人見知りの人が心の奥底で考えていることは「変に思われたくない」「カッコ悪い姿を見せたくない」など様々です。自分がなぜ人見知りなのかを知り、考え方を変えることも人見知り克服への大きな一歩になります。

是非こちらの記事もご覧ください⇒深層心理から読み解く!人見知りの原因と人見知りを克服する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です