就活に自信が無い男性へ!外見を意識して自信のある自分を演じる方法

就活で最大の難関である面接を「緊張する」「自信が無い」と苦手に感じる人も多いのではないでしょうか。面接に備えて話す内容を準備しても、いざ本番となった時に自信の無さが前面に出てしまえば伝わるものも伝わりません。就活の面接に自信が無い人は、形から入るというのも一つの手段。内心がどんなに焦っていても、見た目を意識することで自信のある自分を演じることが出来るのです。この記事では就活に自信が無い人が、外見を意識して自信のある自分を手に入れる方法をまとめました。どんなに自分に自信が無くても面接が苦手でも、本番は必ずやってきます。人生が決まるかもしれない就活に万全の状態で取り組む為に、面接までに自信が伝わる見た目に仕上げましょう!

自分に自信を持つ為に身だしなみを整える

「人は見た目が9割」という言葉をよく耳にするように、見た目が第一印象に与える影響は非常に大きなものです。ちなみにここで言う見た目とは、可愛い・カッコイイではありません。就活における見た目は"清潔感"が最重要項目。もちろん見た目だけで印象の全てが決まるわけではありませんが、視覚からの情報量が圧倒的に多いのは事実です。就活では最初のパッと見の外見で「自信が無さそう」「活躍してくれそう」など、大まかなイメージが勝手に決められてしまいます。まだ話してもいない状態で、マイナスイメージを持たれることだけは避けたいですよね。見た目を意識して、内心の焦りを相手に感じさせないような自信のある自分を演じましょう!

ヘアスタイル

人の印象は髪型で大きく変わります。男性は若々しさ・清潔感・爽やかさ・フレッシュ感を意識して、やる気や自信を感じさせる髪型を目指しましょう。就活の場での長髪は、だらしない印象や清潔感に欠けるイメージに繋がってしまいます。サイドや襟足、耳周りをすっきりまとめた短髪が好印象!前髪も短くカットして、可能であればおでこを出しましょう。前髪を上げることで顔が明るく快活に見えるだけでなく、コミュニケーションに自信のある人物を演じることができます。セットする為に整髪料を使うのはもちろんOKですが、つけすぎや香りの強いタイプはNG。無香料の整髪剤を適量使用して、髪がバラつかないようにまとめましょう。

就活において清潔感は必須です。自分の思うオシャレが、就活ではマイナスの評価を受けることもあります。美容・ファッション業界志望でない限りは、ツーブロックやパーマも控えた方が良いでしょう。就活中はオシャレをしたい気持ちを抑えて、誰が見ても好印象を抱く黒髪・短髪・すっきりな髪型を心掛けてみてください。

眉毛

自信があるように見せるために前髪を上げると眉毛もよく見えます。就活スーツに合うキリッと凛々しい眉毛にしたいところですが、剃る・切るなどの細かい作業が苦手で自信が無いという人も多いのではないでしょうか。しかし男性の場合はナチュラルな眉毛が好印象なので、実は簡単に形を整えるだけでOK!ポイントを押さえて就活で好まれる&自信を感じさせる凛々しい眉毛を手に入れましょう。

眉毛を抜いて整える

整えると言っても、元々の眉毛の形を大きく変える必要はありません。形が目と平行になるように、眉毛の上やまぶたの辺りの毛を抜いていきましょう。余分な毛をそのままにすると、どうしてもだらしない・頼りない印象に繋がってしまいます。毛を抜くときのポイントは、細くならないように注意すること。自信を感じさせる凛々しい眉毛には、ある程度の太さが必要です。上がらないように下がらないように、素材を活かして形を整えましょう。

平行に近付くようにカットする

余分な毛を抜いた後は、目と並行になるように伸びすぎた眉毛をカットします。眉頭や眉尻の毛の長さを整えましょう。眉毛と目の間の産毛は剃刀を使うと簡単です。しかし剃刀を使う時は眉頭の剃りすぎに注意。眉頭周辺はピンセットなどで少しずつ毛を抜いて、形を見ながら整えると安心です。

NGな眉毛は?

慣れない眉毛のお手入れで怖いのは、やりすぎてしまうこと。抜きすぎ、切りすぎた分が翌日すぐに生えてくる訳ではありません。後悔しない為のコツは、整える時に眉毛だけを見続けるのではなく時折顔全体を見ながら少しずつ調整していくこと。また就活において、脱色や全剃りはもちろん細眉や短い眉毛も良い印象には繋がりません。太さや長さを意識しながら自信が持てる眉毛を目指してお手入れを進めていきましょう。

頭髪と同じく顔の印象を左右する髭のお手入れを忘れていませんか?髭があると就活で必要とされるフレッシュ感が失われて実年齢よりも老けて見える為、オシャレで髭を生やしている人も就活中は剃ることをおすすめします。綺麗にケアして爽やかで自信に溢れた印象に繋げる為に、これを機に正しい髭の剃り方もチェックしておきましょう!

髭を柔らかくする

肌が乾いた状態の髭の硬さは、銅線と同じくらいだと言われています。肌や髭を柔らかくする為に、水やぬるま湯で肌を濡らした後にシェービングフォームを使用しましょう。剃刀との摩擦が減り、肌への負担も少なくなります。髭を剃るときのポイントは生えている方向に剃ること。逆剃りは肌を傷付ける原因になるので基本的にやめましょう。

広いところから剃る

まずは、頬やもみあげなど広くて剃りやすい部分から始めます。力を入れず、髭が生えている方向に軽く剃刀を滑らせましょう。硬い髭が生えている口周りは、水分が浸透して柔らかくなるのを待ちます。広い部分を剃り終わって最後に剃ると良いでしょう。喉元など剃り残しやすい部分のチェックも忘れずに。

髭剃り後

荒れて傷付いた肌は清潔感を失わせてしまいます。剃り終わった後は肌荒れや乾燥を防ぐ為、化粧水やアフターシェーブローションなどで潤いを補給しましょう。また、剃刀はしっかりすすいで清潔に保つこと。髭やシェービングフォームが詰まったままだと、剃刀が痛む原因になるので注意が必要です。

鼻毛にも注意

意外と忘れがちなのが鼻毛。自信があるようにみえても鼻毛が出ていては、どこか間抜けな印象になるだけでなく不潔感を与える原因になってしまうので要チェック。髭を剃るついでに確認する癖をつけることをおすすめします。細部までしっかりチェックし、不安要素なく自信を持って就活に臨みましょう!

スーツ&ネクタイ

色・柄・形など意外に悩むことが多いのスーツ&ネクタイ。自信があるように見せる就活スーツを選ぶ時のポイントは、自分の身体に合うすっきりとしたシルエットを選ぶこと。裾や袖の長すぎ・短すぎは、だらしない印象を与えてしまいます。形はボタンが2つ付いたシングルスーツがおすすめ。購入時に必ず試着をして、ジャケットの肩幅やパンツの腰回りなどのサイズ感を確かめましょう。ピッタリサイズを選ぶと座ったときにパツパツになってしまいます。屈伸などで軽く身体を動かし、動きやすさや着心地のチェックも忘れずに。就活スーツの色は、使いやすい黒と爽やかさをアップさせるネイビーがおすすめです。着回しやクリーニングも考えて最低2着は揃えておくと便利!

ネクタイの柄や色に決まりはない為、好きな色やデザインを選んでOK。同じような見た目になりやすい就活スーツですが、ネクタイで個性をアピールすることができます。いくら好きな色やデザインでも、派手過ぎない・地味過ぎない物を選ぶのがポイントです。また季節によっては、ニットや麻などが素材に使われたネクタイを見掛けることもあるかもしれません。オシャレですが就活には適さない為、素材に関しては手堅くシルクのネクタイを選ぶことをおすすめします。色で悩んだときは黒の無地・ピンク系・ゴールド系・白の無地を避けて、レッド系・ブルー系・グレー系・イエロー系から選びましょう。中でもレッド系はリーダー気質の人が身に付ける色として知られ、やる気や自信をアピールするカラーです。柄はストライプ・ドット・チェックがベター。無地は汚れが目立つので、避けたほうが無難です。洗い替えも考えて、2本は持っておきたいところですね。

スーツを着る時の注意点

意外と多いのがスーツのしつけ糸の取り忘れです。ポケットやジャケットの裾の切れ込み部分に糸が残っていないか、着る前に必ず確認しましょう。クリーニング後のタグも取り忘れると恥ずかしいので注意!

スーツのポケットのふたはフラップと呼ばれ、元々屋外にいるときの雨除けとして作られた物です。入れるか入れないか迷いやすいのがポケットのふたですが、屋内にいるときは中にしまいまょう。また、ポケットにはあまり物を入れないこと。スーツの型崩れの原因になるだけでなく、スーツのシルエットが綺麗に見えません。

靴下はスーツと統一感の無い白色は避けましょう。黒や紺など、スーツの色に馴染むダークカラーがおすすめです。

手先足先

清潔感は細部に宿ります。手先足先の印象が悪ければ、ばっちり着こなしたスーツも台無し。綺麗に磨いた靴でも、型崩れをしたり擦り減っていては清潔感が失われてしまいます。手の爪の伸びすぎや汚れにも気を配る必要があるでしょう。「そんな細かいところまで見られない」と思う所ほど、意外と見られているものです。また、細部は足先手先だけではありません。袖や裾のほつれ、シャツの襟汚れも該当します。ネクタイも少しでも曲がっていれば、何となく仕事が出来なさそうな印象を受けるものです。細部まで気を配れない人物と判断されても仕方ないでしょう。

細部まで気を付けることは、気を抜かず就活に臨んでいるという熱意をアピールすることにもなりますし、自分に自信が持てるようにもなります。面接までに細部までチェックすることを忘れないようにしましょう!

持ち物

就活中の持ち物のポイントは、 ブランド品やキャラクターデザインを避けること。色はスーツに合う色を選び、バッグは持った時の統一感を意識しましょう。デザインや色が派手・奇抜な場合、どうしても相手の意識が持ち物に集中してしまいます。持っても変に目立たないアイテムを選びましょう。バッグの形はA4の書類が入るサイズで、床においても倒れないタイプが理想的。

まとめ

いくらコミュニケーション力が高くても話す内容をしっかり準備しても、本番で自信の無さが伝わるとなかなか就活も上手くいきません。根拠が無くても「出来る!」と自分に言い聞かせ、自信を持って本番に臨めた人が好印象を残していきます。自分に自信が無いと肩を落としていても始まりません。もちろん話す内容を用意することや企業研究も大切ですが、就活に自信が無い人は自分の外見がどう見えているのかを今一度考えてみてはどうでしょうか。

こちらの記事もご覧ください⇒第一印象は何秒で決まる?心理学メラビアンの法則から学ぶ好印象の秘訣とは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です