仕事で損をする第一印象が悪い人の11の特徴と改善方法

仕事の第一印象で悩んでいませんか?「何だか仕事が上手くいかない。」「相手に良く思われていないような気がする。」それは初対面の第一印象に問題があるかもしれません。

第一印象が良いか悪いかによって、任される仕事や評価のされ方、扱われ方なども変わってきます。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、仕事においても第一印象が大きく影響するのは事実。第一印象は、これから始まる長い長いお付き合いのスタートです。良いに越したことはありませんよね。

しかし第一印象が悪い人ほど自分ではなかなか気付かないもの…。これからご紹介する第一印象が悪い人の特徴で、自分に当てはまるところが無いか思い返しながら読み進めてみてください。悪い第一印象を与える特徴が分かれば、何をすれば良いかも自然と見えてくるはず。それではさっそく見ていきましょう!

第一印象が悪い人の特徴 -1-「挨拶が暗い」

悪い第一印象を与える挨拶の特徴は、

  • ぼそぼそ話す、声が小さい
  • 何を言っているか分からない
  • 目が合わない、目線が泳ぐ
  • そわそわと落ち着きが無い
  • 笑顔が無い
  • 姿勢が悪い

などが挙げられます。仕事においても挨拶は、初対面の人同士が初めて面と向かってお互いの顔を見て声を聴く瞬間です。その第一声が例えば無表情で声が小さく何を言っているか分からない挨拶であれば、相手はプラスのイメージは持たないでしょう。初対面ということはお互いにどんな人間か分からない、全く情報の無い状態です。まっさらな状態だからこそ、相手は最初の挨拶の時に顔を見て声を聞いて得た情報を、ダイレクトに印象として受け取るのです。本当は仕事ができる気さくな人だったとしても、挨拶の仕方によっては悪い印象からのスタートになります。スタートで躓くとそこから挽回するのは難しくなるので、良い第一印象を与えられる爽やかな挨拶を心掛けたいですね。

第一印象が悪い人の特徴 -2-「ネガティブな言葉を使う」

「新人なので何も分かりませんが…」「お役に立てるか分かりませんが…」

仕事の相手に対してこのようなネガティブな言葉を使うと、第一印象に悪い影響を与えてしまいます。本人は謙遜のつもりでも、初対面の相手にしてみればこんなに頼りなく感じる一言はありません。何も分からない人と仕事を一緒にしていく気にはなれませんよね。どんなに不安な気持ちがあっても、ネガティブな言葉は心の中で止めておきましょう。仕事においてマイナスアピールは良い印象には繋がりません。

たとえ分からないことが多くても、前向きでやる気のある、ポジティブな姿勢を見せることが大切です。

第一印象が悪い人の特徴 -3-「いきなり馴れ馴れしい」

初対面の相手にいきなり馴れ馴れしい言葉遣いで接したりボディタッチをするのも、悪い印象を与える原因のひとつです。タメ口やボディタッチは相手の懐に飛び込もうという姿勢が裏目に出て、不快感を与えてしまうことが多いのです。友達のように接することで打ち解ける方法もありますが、仕事においては相手との距離感を意識しましょう。

親しくなりたい一心で、良かれと思って「タメ口」を使ったとしても、いい加減、適当というレッテルを貼られかねません。相手が年上でも年下でも、仕事における初対面では丁寧な言葉遣いが無難です。最初の挨拶でも、

「うぃっす」「ちわっす」「こんちわーす」

などと言葉を省略したり、語尾を伸ばしたりすると良い印象には繋がりません。挨拶も会話をする時も、語尾が最後まで聞き取れるようにハキハキと発音するのがポイントです。

第一印象が悪い人の特徴 -4-「無表情で話す」

無表情な人からは前向きにコミュニケーションを取ろうという意思が感じられず、悪い第一印象を与えてしまいます。人は相手の表情を見て、ある程度の感情や気持ちを読み取ります。無表情の人を目の前にすると怒っているように感じたり、何を考えているのか分からなかったり。いつまでも気を許すことが出来ず、警戒心ばかりが高まっていくでしょう。

初対面の緊張感や警戒心は、明るい表情や笑顔で和らげることが出来ます。表情豊かにコミュニケーションを取り、良い第一印象で人間関係をスタートさせることで、仕事にも良い影響を与えていきます。初対面の緊張から表情が硬くなり無表情になってしまう人もいるかもしれませんが、無表情から好印象に転じることはありません。

第一印象が悪い人の特徴 -5-「名刺交換後に相手の名前を呼ばない」

仕事の相手と名刺交換をした後に、名前を呼んでいますか?これは呼ばないと印象が悪いというよりも呼ぶと印象が良くなり、自分の為にもなるポイントです。

名前を呼ぶと初対面でも打ち解けるのが早くなり、相手との距離も近くなります。これは、人は名前を呼んでくれた相手に親しみを感じるという心理が働くからです。初対面の会話の中で何度か名前を呼び、会話の中で出てきたエピソードと合わせて覚えておくと、次回顔を見た時にすっと名前が出てきやすいので一石二鳥ですね。名前を覚えてもらえると、誰しも嬉しく感じるものです。

また、相手の名前の読み方を確認できるのも初対面の時くらいです。「山崎さん」が「やまざき」なのか「やまさき」なのか。些細なことですが間違えれば相手に不快感を与えかねませんし、相手の名前を間違えることは失礼にあたります。初対面だからこそできる確認を忘れないようにしましょう。

第一印象が悪い人の特徴 -6-「だらしない見た目」

仕事において、清潔感の無い見た目はNGです。見た目がだらしない人は「いい加減な仕事をやるに違いない」と思われても仕方ありません。性格や考え方などの内面が外見として現れるのです。

例えばシワのあるスーツに汚れた靴、ぼさぼさの髪で初対面に臨む人は悪い第一印象を与え、仕事でも損をするでしょう。だらしない見た目の人より、清潔感のある見た目の人の方が「きちんとやってくれそう」というイメージから仕事を任せられやすくなります。選んでもらえる、仕事を任せてもらえる人になる為には見た目を意識することも大切。だらしない見た目の人は、パッと見で「仕事が出来なさそう」「頼りない」と判断される可能性が高くなってしまいます。

第一印象が悪い人の特徴 -7-「目線が合わない」

挨拶や会話の中で目線が合わない人は、仕事において重要な信頼を得られません。「目は口ほどに物を言う」という言葉がありますが、良くも悪くも言葉以上に目線から情報が伝わるのです。

目が合わないだけで自信が無いように見えたり、落ち着きの無い印象に繋がったり、話に興味が無いように見えたり…何かしらの悪いイメージに繋がってしまいます。自分に自信が無くても、緊張が原因だったとしても、仕事と割り切って真っ直ぐ相手の目を見ることが出来れば、相手に誠実さが伝わり仕事も良い方向へ進んでいくでしょう。

第一印象が悪い人の特徴 -8-「態度が悪い」

会話中の態度も第一印象に影響を与えるポイントです。腕や足を組む人は相手に威圧感を与え、話をする時に顎を突き出す人は見下すような態度と取られることも…。無意識であっても、相手にどう見られるかを意識しない人はきっと第一印象が悪いままです。相手によって感じ方は違うかもしれませんが、悪い印象を与えるかもしれない態度は最初から取らない方が無難です。

例えば視力が悪い人が相手を見る時に目を細めることがありますが、本人はただピントを合わせただけでも、相手は睨まれたように感じることもあるのです。「目つきが悪い」「うさんくさい」などの悪い印象に繋がることも少なくありません。何となく無意識にやったことで態度が悪く見え、第一印象を悪くすることがあるので注意が必要です。

第一印象が悪い人の特徴 -9-「相手の話を遮る」

コミュニケーションはお互いの言葉のキャッチボールで成り立ちます。自分の話を聞いて欲しい気持ちが強すぎて、相手の話を遮ったり話を最後まで聞かない人は、自己中心的なイメージを持たれてしまいます。話を遮ることは、あなたの話には興味が無い、もうその話は聞きたくないと言っているようなもの。

仕事する上で自分の意見をはっきり述べる自己主張も大切ですが、相手の話を聞く姿勢も重要なポイントです。自分の話ばかりではなく、お互いに言葉を交わしてコミュニケーションを取れる人が、仕事においては重宝されていくでしょう。

第一印象が悪い人の特徴 -10-「姿勢が悪い」

姿勢が悪いことも悪い第一印象を与える原因のひとつと言えます。姿勢が悪いと自然と目線が下がり、相手の目には自信が無さそうに映りますし、丸まった背中はその人を小さく見せ、頼りない印象を与えてしまいます。頼りなく見える人に仕事を任せるのは心配ですよね。やはり最初の印象は大切で、姿勢が良いか悪いかは「仕事が出来そう」に見えるかどうかに大きく影響してきます。

背筋が伸びた凛とした立ち姿からは、ポジティブな人物像を連想しやすく、第一印象にも良い影響を与えます。しかし悪い姿勢が好印象に繋がる可能性は低いので注意が必要です。

第一印象が悪い人の特徴 -11-「人を遠ざける臭い」

意外と第一印象に大きな影響を与えるポイントが「臭い」です。コミュニケーションを取るためにお互いがある程度近付いた時に、臭いで不快感を与えてしまうことがあります。会話をする上で、特に口臭には気を付けたいところ。他にも体臭や整髪料の臭いなど様々ですが、人によっては生理的に無理と感じたり、話していて気持ち悪くなったりします。周囲が臭いのことを指摘してくれることはまずありません。臭いを発する本人は気付きにくいポイントです。一通りの臭いに対して普段から意識しておいて損はありません。良い第一印象の邪魔にならないように、臭い対策をすることをおすすめします。

第一印象を改善する方法

悪い第一印象の特徴を押さえたところで、改善方法をご紹介します。仕事でいざという時に自然と印象良く振る舞う為には、普段から意識して身につけることが大切です。どれも難しいことではありません。是非日常に取り入れて自分のものにしてください!

笑顔を意識する

良い第一印象にまず必要なのは笑顔です。笑顔はコミュニケーションを取りたいという前向きな気持ちの意思表示となり、よりスムーズに仕事の相手と良い関係を築いていくことが出来るでしょう。ただ笑顔でいるだけでも相手は良いイメージを抱きます。人と接する時は、常に笑顔でいることを心掛けましょう。

しかし、相手が真剣に話をしているときに歯を見せて笑うのは逆効果です。話の内容や状況に合わせた表情を意識し、基本的には口角の上がった優しい笑顔で相手に対する警戒心がないことをアピールしましょう。

自然な笑顔は普段から意識して身につくもの。練習で出来ないことが、緊張した状態の本番で出来る可能性は低いと言えるでしょう。「この人とはうまくやっていけそうだ」と思われるような自然な笑顔を、普段から意識してみてはいかがでしょうか。

目線に気を配る

仕事においては、落ち着きのある目線を心掛けたいところ。見つめすぎも良くないのですが、目が合わないのは問題です。凝視することなく、適度に目線を外しながら相手の目を見て会話をすることが理想です。

目を合わせるのが恥ずかしいというのは、社会では通用しません。相手には挙動不審に映り、仕事を一緒にする上で不安を感じているかもしれません。人と対面するのが苦手という人もいますが、これも普段から意識することによって少しずつ改善されていくのではないでしょうか。仕事において目線は印象を左右する大切なポイントです。苦手は克服していきましょう。

清潔感を心掛ける

服装や髪型、アクセサリーに至るまで、相手からの見え方を意識しましょう。清潔感は、意識すれば誰にでも身につけることが出来ます。

身に付ける物すべてが新品であれば良いという訳ではなく、清潔に見えるように手入れをしたり、細部まで意識することが大切。例えば服は洗濯をすれば綺麗になりますが、その服にほつれや毛玉が付いていては清潔感は失われてしまいます。清潔、綺麗にすることと、清潔感を与えることは違うのです。手を洗っても爪が伸びたままの状態では不潔感を与えますし、特に男性は体毛も手入れが必要です。相手に見るつもりが無くても、ふとした瞬間に手先や足先、毛などの細部に目がいくもの。いつどのタイミングで、どこが見られているか分かりません。見える部分は清潔感を意識してあらかじめチェックしておきましょう。

聞き取りやすい声で話す

どんなに外見の印象が良くても、声が相手に届かなければ好印象が台無しです。ハキハキとはっきり聞こえる明るい声を心掛けましょう。腹式発声で普段より少し高めの声を意識すると、相手が聞き取りやすい通る声が出やすくなります。言葉がしっかり相手に届くことが、会話の大前提。

話すスピードやボリュームも相手に合わせることが出来れば、相手は話しやすく感じます。声からも好印象を引き寄せることができるでしょう。

姿勢を良くする

「仕事が出来そう」なイメージは、背筋の伸びた美しい立ち姿で演出しましょう。背筋を上から吊られたようにピンと伸ばし、胸を開き顎を少し引くだけでも随分違うはずです。鏡の前で自分の立ち姿を確認してみましょう。

良い姿勢はパっと見た感じで相手に安心感を与え、信頼を引き寄せる効果が期待できます。緊張する時ほど、自信が無いときほど、姿勢を意識してください。良い姿勢は気持ちを前向きにしてくれます。お腹に力も入りやすく、相手に届く声が出しやすくなります。姿勢を良くすることによって、マイナスになることはひとつもありません。日々良い姿勢を意識することで、身体が慣れて身に付きます。是非明日からでも今からでも心掛けてみてください。

臭いに気を付ける

臭いを発する本人は気付きにくい口臭、体臭ですが、しっかりと対策をしておけば相手に不快感を与えることは避けられます。

特に口臭には気を付けましょう。歯磨きはもちろん、ミント系のタブレットなども臭いに効果的です。また臭いの原因が内臓の疲れによるものかもしれません。暴飲暴食やお酒の飲み過ぎで内臓に負担をかけていませんか?この機会に、一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。普段の生活習慣が口臭体臭に影響していることも考えられます。

まとめ

いかがでしたか?もしひとつでも自分に当てはまることがあれば明日から意識してみてください。悪い第一印象は仕事の人間関係にも影響していきます。マイナスからプラスに変えるのは時間も気力も必要…。最初から印象が良いに越したことはありません。

仕事で良い第一印象を与えることが出来れば、様々なことがあなたにとって良い方向に転じていくでしょう。

こちらの記事もご覧ください⇒人に好かれる話し方とは?初対面の会話で好印象を与える8つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です