赤面=脈あり?異性の前で赤面する3つの心理と本命の前で見せる行動

感情や気持ちは、自分が思う以上に素直に顔色に現れます。特に好きな異性を前にした時、嬉しい気持ちや恥ずかしさで赤面してしまった…なんて経験のある人も多いのではないでしょうか。経験があるからこそ、異性が自分の前で赤面する様子を見ると「もしかして…」と色々と想像を膨らませてしまいますよね。

赤面するということは、相手の精神面に何かしらの変化があったことは間違いないでしょう。しかし異性が赤面しているからといって、それが必ずしも好きの合図であるとは限りません。この記事では、赤面と恋愛感情をイコールで結びつける前に読んで欲しい、異性の前で赤面する心理と本命の前で見せる行動をご紹介します。では、さっそく見ていきましょう!

異性の前で赤面する心理1「みんなに好かれたい」

好かれたい気持ちが強い人は、顔を合わせた相手が異性というだけで赤面してしまいます。誰しも嫌われたくないと思うものですが、人一倍気持ちが強いタイプの人は、特に異性を前にすると愛されたい心理がフル稼働。みんなに好かれたい心理の裏には、嫌われることに対する強い恐怖心が隠れています。一見社交的に見える人や誰とでも上手く接する八方美人タイプの人ほど、異性を前にすると好かれたい・嫌われたくない心理が働き「いいとこ見せなきゃ…!」と気負って無意識に力が入ります。その結果、気持ちが高ぶり赤面に繋がってしまうのです。

同性異性関係なくみんなに好かれたい・愛されたい心理が強く働く理由のひとつには、過去の経験が影響していることが考えられます。今までの人生のどこかで、人に嫌われて人間関係がこじれた時の生き辛さを実感した人は、みんなに好かれたい・好かれなければいけないという心理が人一倍強く働きます。赤面=好きの合図と受け取る前に、赤面している相手を少し観察してみましょう。もしかしたら、他の異性の前でも同じように赤面しているかもしれません。

異性の前で赤面する心理2「自己評価が低い」

自己評価が低い人はとにかく自分に自信が持てず、好意とは関係なく人と接するというだけで赤面してしまいます。相手が同性や気心の知れた仲良しならまだしも、異性となると自信の無さも相まって異常な恥ずかしさを感じて赤面。「自分なんて」とネガティブな心理に囚われることも多いのが特徴です。周囲と自分を比較する癖があり、自分の中で長所よりも短所が目立ち、人と比べては劣等感に苛まれて一人で自信を失っていくタイプ。このように、目の前の異性が好きだから赤面している訳では無く、ネガティブ心理が働いて自己評価が低いことが赤面の原因かもしれません。

異性の前で赤面する心理3「プライドが高い」

プライドが高い人は、異性に弱みを見せない・異性を頼るのが苦手・完璧主義などの特徴があり、周囲からはクールで知的な印象を持たれます。人を笑わせるのが大好きなので、面白く明るいイメージを抱かれることも。しかし、自分のミスや見た目のことをからかわれたり笑いのネタにされるのは大嫌い。不快感や羞恥心が表情に現れたり赤面したりと、過剰な反応が目に見えて現れます。人前でのミスや失敗を異常に恥ずかしいと思う傾向があり、話の途中で噛む・何か物を落とす・シャツがほつれているなど、相手が気にならないような些細なことでも「やってしまった…」と恥ずかしくなり赤面してしまいます。ミスを異性に指摘された日には、顔から火が出るくらい赤面してしまうという人も…。異性の前で赤面するのは、このように完璧な自分でありたいという心理が働いている場合もあります。

異性が本命の前で見せる3つの行動

異性の前で赤面する心理を3つご紹介しました。もちろん好きな異性の前で赤面することはありますが、必ずしも赤面=好意という訳ではありません。では、何を見て相手の気持ちを見極めれば良いのでしょうか。赤面だけで早合点する前にチェックすべき、異性が本命の前で見せる3つの行動をご紹介します!

笑顔が多い!

好意を寄せる異性の前では無意識に気に入られたい心理が働き、笑顔が増えるだけでなく表情や声も自然と明るくなります。積極的に会話に参加してくれる・何を言っても笑ってくれる・興味を持って話を聞いてくれるなど、リアクションに明るさや共感が感じられたり、表情が柔らかく笑顔が多い印象の異性は好意を抱いている可能性があります。

距離が近い!

人には「パーソナルスペース」と呼ばれる心理的な縄張りがあり、異性だけでなく嫌いな相手の侵入は拒み、好意を抱く相手は受け入れる習性があります。例えば歩く時、片方が手を伸ばせば触れられる距離に自然といる場合は、好意が向いている可能性あり。お互いが手を伸ばしてやっと触れる距離にいる場合は、現時点では友人以上の関係は難しいでしょう。好きは距離感に現れます。赤面だけで判断できない時は、気になる異性と一緒に歩く機会を作ってみてはどうでしょうか。

弱みを見せる!

「〇〇さんだけに言うけど…」「誰にも言わないで」など、心を許した相手にしか話さないような弱みや悩みを打ち明けてくれる時は、好意が向いている可能性があります。共通の秘密が出来ることで関係がより親密になり、心理的な距離も縮まります。相談は信頼の証拠。相手の発言に好意が隠されている場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?「異性が自分の前で赤面するのは好きの合図」もちろんその可能性は大いにあります。しかし赤面だけではただの勘違いで終わりかねません。恋愛に奥手な人が多い時代だからこそ、自分に好意が向いている!と確信を持ってから行動を起こしたいという人も多いのではないでしょうか。異性が自分の前で赤面したからといって舞い上がらず、行動や表情も見て脈ありと判断する方が自信を持って異性にアプローチすることが出来るでしょう。

こちらの記事もご覧ください⇒好きな人の前で赤面する恋愛心理と平常心を取り戻す5つのコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です