人に好かれる話し方とは?初対面の会話で好印象を与える8つのポイント

あなたが今まで出会った人の中で、理由は分からないけど一緒にいて楽しかったり、初対面なのになぜか居心地が良かった人がいませんでしたか?「あの人とはまた会いたいな…」そう思われる人が、初対面の会話でさり気なく使っているテクニックがあります。いくつかポイントを押さえて話すだけで好印象に繋がります。是非、初対面の会話で使ってみてください!

好印象を与える挨拶

「こんにちは!」「おはようございます!」「お疲れ様です!」「初めまして!」

初対面の会話は挨拶で始まります。好印象を与えるコツは「笑顔で自分から挨拶をする」これがポイントです。想像してみてください。にこにこ笑顔の人と、眉間にシワを寄せて難しい顔をしている人。どちらが話しやすいですか?極端な例ですが、もちろん笑顔の人の方が雰囲気が良く、話しやすいですよね。好印象も持たれやすくなります。笑顔には相手だけでなく自分の緊張も和らげる効果がありますし、相手も初対面で最初に見たあなたの表情が笑顔なだけで「爽やか」「笑顔が素敵」「話しやすそう」「感じが良い」など、何かしらプラスの印象を持ってくれます。笑顔で挨拶をして損をすることはありません。初対面の緊張や不安を、あなたの明るい第一声で払拭しましょう。しかし、せっかくの挨拶も相手に聞こえなければ意味がありません。いつもより気持ち高めの声で相手に届くように声を出すのがポイントです。また「〇〇さん、こんにちは!」「〇〇さん、初めまして!」このように挨拶に名前をプラスすると、相手は名前を呼んでくれた人に親しみを感じやすく、初対面でも打ち解けるのが早くなります。

そして、相手が誰であっても自分から挨拶をすることを心掛けましょう。頭で考えるのは簡単ですが、いざ相手を目の前にするとなかなか緊張して出来ない人も多いのです。受け身ではなく自分からコミュニケーションを取り、会話に弾みを付けましょう。「笑顔で自分から挨拶をする」好印象の第一歩です。

相手の気分を上げる言葉をプラス

相手の気分を少し上げて、好印象を引き寄せる魔法の言葉があります。「笑顔で自分から挨拶をする」これが好印象の第一歩だとご紹介しましたが、そこにプラスして使ってもらいたい言葉です。

「お会いできるのを楽しみにしていました!」

「今日を楽しみにしていました!」

「お会いできて嬉しいです!」

「これを使うだけで好印象に繋がるの?」「そんなこと?」そう思う方もいるかもしれませんが、「会えて嬉しい」と言われると嬉しくなりますよね。相手が嬉しくなる、気分が上がる言葉を少しずつ会話に混ぜることで、あなたの好感度も自然と上がっていきます。先程ご紹介した相手の名前を呼ぶことも「会えて嬉しい」という一言も、会話に無かったら無かったで良い言葉ですが、実際に言われると嬉しくなる言葉でもあります。初対面の最初の会話で、相手が思わず笑顔になるような言葉をプラスして好印象を引き寄せましょう。

言葉遣いは丁寧に

初対面の会話では丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。これも好印象の大事なポイントです。言葉遣いもあなたの印象を決める大事な要素。丁寧な言葉遣いからは、その人の謙虚さや品の良さを感じます。初対面で乱暴な言葉を使ったり友達口調で話さないように意識してください。初対面では相手が自分よりも年下か年上なのか分かりません。例え相手が年下と分かっていても、初対面でいきなり友達のように話されると不快感を覚える人もいます。言葉遣いはあなたの内面を写す鏡だと思って丁寧な言葉遣いで相手に接し、好印象を引き寄せましょう。「左様でございますか」「おっしゃる通りです」など、ここまで丁寧に話す必要はありません。初対面ではひとまず、ですます口調で話すのが無難です。また、会話の中で相手の名前を呼ぶ時は、親しくもないのに下の名前で読んだり、ましてや名前を呼び捨てにすることは避けましょう。特に女性は強い不快感を感じるので注意です。

褒められたらお礼を言う

相手に何かを褒められた時に「いやいやそんなことないですよ」「私なんてそんな…」こんな謙遜ばかりしていませんか?せっかく褒めてくれたのです。否定から入るのではなく笑顔で感謝の言葉を返しましょう。

「ありがとうございます」

「お世辞でも嬉しいです」

「そんなこと言ってくれるの〇〇さんくらいです。ありがとうございます」

「〇〇初めて褒められました!ありがとうございます」

日本人は特に褒めたり褒められたりすることが苦手な傾向にありますが、恥ずかしい気持ちがあっても相手の言うことを否定せず、褒め言葉を一旦素直に受け入れてみてはどうでしょうか。そして褒められたら「〇〇さんも…」「〇〇さんこそ…」と褒め返すことが出来るように、会話の中で相手をよく見ておきましょう。

相手を気遣うねぎらいの言葉

天気の話は初対面でも話題にしやすいので、この話題を使った経験もあるはず。しかし、ただ状況を伝えるたけで終わっていませんか?例えば雨の日には「あいにくの雨ですね」「今日はよく降りますね」など、状況をそのまま伝えるだけで終わりがちです。それを相手を気遣うねぎらいの言葉に変えてみてください。

雨の日「雨に濡れませんでしたか?」

暑い日「暑かったでしょう」

ねぎらいの言葉は相手を思いやる気持ちから生まれます。天気天候なら相手がどんな影響を受けたのか、相手の気持ちを考えると言葉が出てきやすいです。「雨に濡れませんでしたか?」初対面の相手に対して心配するような言葉を掛けても、怒り出す人はいません。「気にしてくれてるんだな…」と相手はあなたの優しい印象を受け取ってくれるでしょう。
また、ねぎらいの言葉からスムーズに会話を進めていくことが出来ます。初対面でも共通の話題となる天気天候の話は、会話の入り口に使いやすいです。何より共通の話題はお互いに共感するポイントが多いので、会話が盛り上がりやすいもの。特に話題を探さなくても、まずはその日の暑さや寒さ、風の強さなどに共感し合いながら会話を始めてみてはどうでしょうか。初対面では特に内容のない何でもない雑談から、相手がどんな人物で何に興味があるのかなど、次の話題に繋がるキーワードを引き出します。

相槌に感情を込める

「へぇー」「ふーん」「ほー」「なるほど」「そうですか」「えー!」「本当ですか?」

このような単純な相槌に気持ちが入っていないと「興味が無いのかな…」「話が退屈かな…」と相手に余計な気を遣わせてしまうことがあります。そっけない、冷たい印象を与えないように、声の強弱や抑揚で感情が伝わるように言い方を変えましょう。また、相槌のバリエーションは多い方が良いです。初めて聞いた話題の時でも「へぇー」だけではなく「なるほど」「ほー」「そうなんですね」「初耳です」など様々な相槌を使うことが出来ます。1種類の相槌を連続して使い続けるよりも、様々な相槌を使った方が相手はより「自分の話に興味を持って聞いてくれている」と感じます。もし同じ相槌を連続して使うときはその時の話に合わせて声の強弱や抑揚を使い、言い方を変えると効果的です。

「たしかに」「分かります」「その通りですよね」「私も」相手の話に共感する相槌も感情を込めて使うと、相手は「自分のことを分かってくれている」と感じ、さらに話したくなります。会話が続くも止まるも相槌次第。相手の話に興味を持って聞いていることが伝わるように、相手が話したくなるような相槌を打ちましょう。

話題が続く会話術「オウム返し」

オウム返しで相手の言葉を繰り返すと、話をしっかり聞いているという意思表示になります。100%同じように繰り返すのではなく、相手の話す内容のメインの言葉を繰り返す話し方です。「楽しい」「最高」「嬉しい」などの感情も繰り返すと相手に共感が伝わり、相手はより話しやすくなります。

相手「先日、家族旅行で沖縄に行きました」

自分「沖縄に家族旅行ですか!」

相手「天気も良くて海も綺麗で、最高でしたよ」

自分「それは最高ですね!」

相手「そうなんです!それで…」

オウム返しをすると、会話の途中や相手にまだ話したいことがありそうな時にも、話の腰を折らずに相槌を打つことが出来ます。オウム返しで相手が話したいことを話せるように促しましょう。しかし繰り返し続けるだけでは会話が進まない場合もあります。そんな時はオウム返しに質問をプラスすると、会話を広げることが出来ます。

オウム返しは会話の中で頻繁に使われる話し方ですが、使い過ぎると逆効果です。適度に使えば相手は話をしっかり聞いてくれていると感じますが、立て続けにオウム返しをされるとバカにされているような気分になったり、繰り返すだけで何も考えていないと思われたり。好印象から離れていくので注意が必要です。相手に気持ちよく話をしてもらえるように、同じ言葉を繰り返すだけでなく質問に繋げたり、オウム返しを適度に使って会話の隙間を埋めていきましょう。

自分の情報を伝える

「7:3」これは会話の中で相手と自分が話す割合です。相手7割自分3割が、最も好印象を与えやすい割合だと言われています。あくまで目安ですが、相手に話す機会を多く与えて自分は聞き手に回るイメージです。しかし相手も、聞かれてばかり質問されてばかりではさすがに話し辛くなります。相手はあなたがどんな人か分かってくるとより話しやすくなるので、相槌を打ったり質問をして会話を続けながら、あなたの情報も伝えていきましょう。例えばオウム返しにあなたの情報をプラスすると自然です。

相手「先日、家族旅行で沖縄に行きました」

自分「沖縄に家族旅行ですか!私は海が好きでよく行ってました。良いところですよね!」

過去に沖縄に行ったことがある、海が好き、沖縄に良いイメージを持っているという情報を伝えられています。相手の話す内容のメインの言葉を繰り返しつつ、自信の経験や感想を一言プラスしてみましょう。初対面の相手はあなたがどんな人間なのか全く知りません。あなたの人柄、性格や好みなどを相手がイメージしやすいように、少しずつでも自分の情報を伝えることを意識しましょう。その時に長々と話し続けるのではなく、シンプルに短く具体的に話すことがポイントです。

話し方まとめ

「人に良く思われたい」「好かれたい」口には出さなくても、1度は思ったことがあるはず。外見さえ良ければ好印象が与えられるという訳ではありません。初対面の相手に好印象を与える為には、相手に好感を持ってもらえるような話し方を意識する必要があります。初対面の相手とスムーズに人間関係を築けるように、外見ではない目に見えないポイントを押さえて好印象を勝ち取りましょう!

こちらの記事もご覧ください⇒話題を盛り上げる会話術【さしすせそ】の法則で会話を続ける方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です