悩めるママへ!人付き合いが苦手な人がママ友と上手く付き合う方法とは

子どもが出来る・生まれると、必然的に人と接する機会が増えていきます。幼稚園保育園小学校中学校…子どもの成長と共に環境は変わり、人付き合いが苦手だからと人と関わる事を避けてばかりはいられない状況になっていきます。中でも特に接する機会が多いママ友は、悩みを相談出来たり何気ないお喋りをしたりと、子どもを育てる者同士良い関係を築けると心強い存在です。しかし人付き合いが苦手な人は、ママ友との付き合い方や距離感に頭を抱えることも…。

この記事では「ママ友が欲しいけど、人付き合いが苦手だから出来ない」「仲良しママ友グループに声を掛けられない」「親の交友関係が子どもに影響したらどうしよう…」と悩む、人付き合いが苦手なママへ。人付き合いが苦手でもママ友と上手く付き合う方法をご紹介します!

まずは当たり障り無く印象良く

ご近所さんでも子どもが通う先にいるママ達でも、どこで誰とお付き合いが始まるか分かりません。全ての人と関係を深める必要はありませんが、顔を合わせた時に挨拶を交わせるくらいの関係を維持しておくと居心地良く過ごすことが出来ます。印象が良ければ少しずつ言葉を交わすようになり、気の合いそうな人とは自然と会話も生まれるでしょう。最初から打ち解けよう仲良くなろうと頑張るのではなく、まずは当たり障り無く印象良く、必要最低限の関係を築きましょう。

笑顔で挨拶をする

ママ友に限らず、人間関係を築く上で挨拶は必要不可欠です。近くを通る時や目があった時など、気付いた時には必ず挨拶をしましょう。可能であれば自分から挨拶をするのが理想。声のトーンをいつもより少し上げて、笑顔で爽やかな挨拶を心掛けましょう。もし挨拶をされたら必ず返すこと忘れずに。挨拶は人付き合いをする時の最低限のマナーです。

人付き合いが苦手な人見知りタイプの人は、仲良さげに話しているママ友の輪に入っていくなんて絶対無理!と声を掛けることすら敬遠しがち。しかし、人付き合いが苦手でも少しの勇気は必要です。気付かないフリは意外と相手に見られているので要注意。「こんにちは」「おはようございます」などのひと言でも、笑顔で挨拶するだけで感じの良さは伝わります。もちろん相手に聞こえなければ挨拶をしていないも同然なので、相手に届くような挨拶を心掛けましょう。「いい人そう」「感じが良い」「話やすそう」など良い印象を与えることが出来れば、良好な人間関係を築きやすくなります。笑顔で挨拶をする人に、誰も悪い印象は抱きません。「何か話しかけないと…」と気負わず、まずは笑顔で挨拶することから始めましょう。

“気が合いそうなら”話しかけてみる

無理にママ友を作ろうとすると心が疲れてしまいます。焦って急いでママ友を作っても、考え方や価値観の違いで関係がこじれることもあります。人付き合いが苦手だからこそ「気が合いそうだったら話しかけてみる」くらいの気持ちで、ゆっくり人間関係を築いていきましょう。何となく雰囲気が似ていたり年が近かったり、何が仲良くなるきっかけになるかは分かりません。挨拶をしながら様子を見て、もし気が合いそうなら一度話しかけてみてはどうでしょうか。

話題で悩んだら子供の話をする

人付き合いが苦手な人は自分から話題を提供することや、自分から話し始めることが苦手な傾向にあります。話しかけようと心に決めていざママ友を目の前にしても適当な話題が浮かばない、何を話せば良いか分からない…!そんな時は共通の話題を探しましょう。ママ友の共通の話題と言えば、やはり子どもの話です。例えば天気の話から当たり障り無く会話を始め、子どもの話にシフトすると自然です。日常生活の話や行事やイベントの話など、共通の話題である子どもの話は自然と盛り上がるものです。

相手の子どもを褒める

自分が話し下手でも、相手が話しやすい話題を振ったり質問することで会話を続けることが出来ます。一通り子どもの話題を話し終えて話が途切れてしまった時は、相手の子どもを褒めてみましょう。もちろんこれは本当に思ったこと限定ですが、例えば相手の子どもが小さいのにしっかり挨拶が出来ていたとしたら「挨拶が出来て礼儀正しいですね~!すごい!」と褒めると同時に「普段どんな言葉を掛けて教えてるんですか?」と”教えてもらいたい”という気持ちで質問してみましょう。子どもの事を褒められて気分を悪くするママはいませんし、教えて欲しいと頼られると嬉しく感じるものです。

褒める時は見た目だけでなく子どもの行動や内面などを褒めると効果的。ただし思っても無いことを褒めたり、褒め過ぎるのは逆効果なので注意が必要です。本当に思ったことを、適度に褒めましょう。相手に質問することで聞き手に回ることも出来ます。会話のきっかけにもなるので是非使ってみてください。

ママ友との会話は聞き役に徹する

人付き合いが苦手で会話を続けることに苦手意識がある場合は、聞き役に回ることをオススメします。聞き上手が嫌われることはありませんし、会話が続くと色々な情報を得ることが出来ます。上手に相槌を打ち、リアクションをしながら聞いて、相手から話を引き出せる聞き上手になりましょう。

話に対して「そうなの」「へぇ~!」「なるほど」「知らなかった」「え~!」「びっくり」などの相槌で反応しながら聞くと、相手は「聞いてくれている」「分かってくれている」と感じます。女性同士の会話ですから、共感や同調も盛り上がりには欠かせません。否定や意見は挟まず、相手の話を遮ることなく聞きましょう。話を上手に聞くだけで「また話を聞いて欲しい」「相談に乗って欲しい」と、気付けば必要とされる存在になっているかもしれません。

ママ友がいなくても堂々と過ごすことが大切

人付き合いが苦手でママ友がいない、出来ないと悩むママはたくさんいます。しかし、ネガティブな気持ちで過ごしても良いことはありません。ネガティブな考えや気持ちは、あなたが思う以上に表情や態度、姿勢に表れ周囲に伝わってしまいます。自分を卑下するのも、責めるのもやめましょう。人付き合いが苦手なことを気にし過ぎず、堂々と過ごすことが大切です。

一人でいても偏見の目で見られる訳ではありません。そもそも人はそんなに他人を見ていませんし、案外自分が気にし過ぎているだけということもよくある話です。それに周りを良く見れば、一人で行動するママが他にもいるはず。ママ友が出来ない話せないと悩むのはやめて、行事などは子供を見に行っていると割り切ってみてはどうでしょうか。主役は子供!子供に集中して明るく楽しむことが大切です。そうして堂々と過ごす内に、自然と周囲のママ達と関わる機会も増えていくでしょう。

ママ友が多ければ良いという訳ではない

ママ友がいる人達が、全員社交的で人付き合いが得意な訳ではありません。ママ友の輪に入っている人だってグループ行動がストレスに感じたり、派閥や仲間割れなどのトラブルに巻き込まれたりと人間関係で悩んでいる人もいます。ママ友が多ければ良いというものでもありません。

無理にママ友をたくさん作ろうとせず、何か困ったことや悩みがある時に気軽に話せるママ友が数人いれば充分と考えてみてはどうでしょうか。人間関係にストレスを感じながらママ友グループに所属するよりは、多少寂しいと感じることがあっても時には単独行動をする方が、気楽に健康的に過ごすことが出来ます。人付き合いが苦手でも、前向きに自分のペースで気の合うママ友を見つけましょう。

親の人付き合いは子供には影響しない

自分にママ友がいない、他のママさん達と上手に付き合えないことが、子どもの交友関係に影響することはまずありません。子どもの為に「ママ友を作らないと…」と気負う必要は無いのです。親の心子知らずとはよく言ったもので、親の心配をよそに子どもは勝手にどんどん友達を作って楽しく過ごしています。子どもが自分と同じようになるとは限りません。

自分にママ友がいないから、友達と一緒に遊びに連れて行ってあげられないと悩むのではなく、まだ小さいからこそ家族でお出かけを楽しみましょう。お家でごろごろでも良いのです。大きくなれば子ども同士で約束して、どこへでも遊びに行くようになるのですから。

まとめ

人付き合いが苦手なことを気にし過ぎてマイナスなことばかり考えていると、無意識に視線が下がり暗い雰囲気を纏ってしまいます。精神状態は知らず知らずのうちに表情や姿勢に表れるもの。堂々と凛として振る舞っていれば、そんなあなたに賛同するママさんが現れるでしょう。考えすぎて心を病まないように、前向きな思考に変えて毎日を明るく過ごしてくださいね。

こちらの記事もご覧ください⇒深層心理から読み解く!人見知りの原因と人見知りを克服する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です